ザ・ライフ・オブ・ワタシ

平凡の中の華やかを

2018年 読んだ本

2018年総振り返り、最後です。

 

安部公房砂の女

・彩瀬まる「あのひとは蜘蛛を潰せない」

アメリア・グレイ「AM/PM

伊坂幸太郎「終末のフール」

伊坂幸太郎「砂漠」

カレー沢薫「やらない理由」

川上未映子「すべて真夜中の恋人たち」

・藤岡拓太郎「夏がとまらない」

穂村弘「世界音痴」

・松田青子「スタッキング可能」

よしもとばななTUGUMI

よしもとばなな「キッチン」

よしもとばなな「スウィート・ヒアアフター

よしもとばなな「デッドエンドの思い出」

 

黒沼英之という歌手の影響でよしもとばなな川上未映子穂村弘の本を読んだ。特によしもとさんの作風が好きで、8月以降、月に1冊ペースで読んでいた。写真家の森栄喜さんが選書していたアメリア・グレイ「AM/PM」もかなり刺激的な作品だった。その訳者を務めていた松田青子の「スタッキング可能」も皮肉とユーモアに溢れていてよかった。また、小中学生の頃に買ったはいいが読めていなかった本、例えば「終末のフール」や「砂の女」などを数年越しで消化した。小説は借りずに新品を買ってしまうタイプで、このペースだと本棚の肥大が止まらないので、過去に読んだ本を見直すのもいいかもしれない。「海辺のカフカ」辺りはもう内容も覚えていないし。10月に行った「円頓寺 本のさんぽみち」という古本市で5冊くらい文庫本を買ったので読まないといけない。文庫本のサイズ感が好きだ。

今は伊坂幸太郎「魔王」を読んでいる。忙しさを理由になかなか読めていないのがもどかしい。2019年はもっと沢山の本と出会えますように。

 

とかなんとか言うけれど、恐らく一年で一番読んだ本は英語の検定書だと思う。

【音声ダウンロード付】IELTSブリティッシュ・カウンシル公認問題集

【音声ダウンロード付】IELTSブリティッシュ・カウンシル公認問題集

ささやかな目標

昨年の後半ごろから、周りの人たちの影響で、季節や自然を大切にする生活をしようと心に決めていたのだが、やはり年末年始を感じるのは「紅白歌合戦」であるとか、「VS嵐」の新春スペシャルであるとか、(日本人らしいと言えばそうかもしれないが)目標とは甚だ異なったものだった。

2019年こそは季節を、自然を大切に生きていきたい。

f:id:the-life-of-watashi:20190112225923j:plain

ということで早速、七草粥を食べた。大阪での滞在期間の関係で1日フライングしてしまったが、それくらいは誤差だ。

 

f:id:the-life-of-watashi:20190112230048j:plain

初めての初詣にも行った。大阪天満宮では学問の神、菅原道真が祭られているということなので、無事に留学に行けることを祈っておいた。お御籤は吉だった。6人で引いて吉、末吉、凶しか出ない私たち。

 

季節を大切にすると言いながらも、成人式を欠席してしまった。「引っ越し先の式に出ても、思い入れがないし…」ということを言い訳にしていたが、家族のことを思うと出ておいたほうがよかったのかなと思う。後悔は先に立ちませんね。

先にも書いた通り、今年は留学に行きたいと思っている。選考に受からないと行くことができないので、まだ「行きます」と宣言はできないが、とりあえずイギリスに行きたいと思っている。ずっと寒いよ、と先輩方は口を揃えて言う。四季があるということの喜びは、一旦失くしてから気づくのかもしれない。もっと自分の住んでいる国が好きになれるように。

2018年 行ったライブ

ただの備忘録です。

 

・1月

f:id:the-life-of-watashi:20181015231644j:plain

 6日 - 坂口有望「ひとりディッセンバー」@ 新栄 sunset BLUE

 

・2月

f:id:the-life-of-watashi:20181015231258j:plain

 9日 - The xx「I See You 2018 Japan Tour」@ Zepp Osaka Bayside

 

・3月

f:id:the-life-of-watashi:20181015231406j:plain

 15日 - iri / 向井太一「iri 1st Tour 2018」@ 栄 APOLLO BASE

 

・4月

 29日 - 大橋ちっぽけ 等「シンパシーのテレパシー」@ 池下CLUB UPSET

 

・5月

 1日 - 小袋成彬 @ 渋谷WWW

f:id:the-life-of-watashi:20181015231928j:plain

 17日 - 尾崎裕哉「Beyond All Borders Tour 2018」@ 今池 BOTTOM LINE

 20日 - 坂口有望「live tour『blue signs』」@ 新栄 APOLLO BASE

 

・6月

 17日 - 大橋ちっぽけ「『僕と青』リリース記念ミニライブ&特典お渡し会」@ タワーレコードあべのHoop

f:id:the-life-of-watashi:20181015231812j:plain

 17日 - Keishi Tanaka / 向井太一「NEW KICKS」@ 梅田 Shangri-La

 

・8月

 14日 - 「リゾームライブラリー」@ 岡崎市図書館交流プラザ Libra

 25日 - 倉木麻衣「春夏秋冬会」@ エアポートウォーク名古屋

f:id:the-life-of-watashi:20181015231857j:plain

 26日 - 阿部芙蓉美 @ 京都 紫明会館

 

・9月

 21日 - 椿鬼奴 / レイザーラモンRG / 藤井隆「SLENDERIE TOUR」 @ 大須 X-Hall -Zen-

 

・10月

f:id:the-life-of-watashi:20181015231618j:plain

 5日 - 小袋成彬「ワンマンライブ・秋」@ 心斎橋 Music Club JANUS

 

・11月

f:id:the-life-of-watashi:20181015232000j:plain

 11日 - 倉木麻衣「Mai Kuraki Live Project 2018 "Red it be 〜君想ふ 春夏秋冬〜"」@ 日本特殊陶業市民会館

 16日 - The Songbards 等「The Places Release Tour」@ 新栄 CLUB ROCK'N'ROLL

f:id:the-life-of-watashi:20181015232012j:plain

 22日 - 宇多田ヒカル「Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018」@ 日本ガイシホール

 

・12月

f:id:the-life-of-watashi:20181015232053j:plain

 6日 - 中村佳穂BAND「2nd album 『AINOU』 release party」@ 今池TOKUZO

f:id:the-life-of-watashi:20181015232119j:plain

 20日 - DYGL「DYGL 2018 December Tour」@ 伏見JAMMIN'

 

狂ったようにライブに行った。ように、というか狂っている。愛知13公演、関西5公演、東京1公演、チケット代や交通費のことは絶対に考えたくない。

ライブばかり見ているようなスケジュールだったが、一つ一つの思い出をどうか大切にしていきたい。念願の小袋成彬を二度も観ることができたのは幸せだった。夏の京都で観る阿部芙蓉美と、リゾームライブラリーは昨年から恒例になりつつある。個人的なビッグニュースは小学生以来9年ぶりの倉木麻衣。「渡月橋」以降の彼女は話題に事欠かず、20周年イヤーを迎えようとしているのにも関わらずフレッシュさを感じさせる。なんだか稀有な存在だ。6月のKeishi Tanakaと向井太一のツーマンはとても楽しかった瞬間として心に強く残っている。R&B〜ファンクの要素を感じる終始ハッピーな雰囲気のライブを、彼氏と楽しめたのはきっと一生の思い出だ。二人がORIGINAL LOVEの「接吻」のカバーをしてくれたときは会場のほぼ全員が妊娠したと思う。生きているうちに見ることができるとは思っていなかった宇多田ヒカルを遂に見ることができたし、The Songbardsなど前々から気になっていたアーティストを年末に総ざらいできたのもよかった。やっと観れた中村佳穂は想像の何倍も凄かった。彼女のアルバムを初めて聴いたときの感動が蘇って、大袈裟じゃなく世界中の人に見て欲しい。

今年はライブを控えたいと言いつつも、Troye Sivanの来日公演に向井太一のツアー、そして倉木麻衣の20周年イヤーと目白押しなので到底無理そうである。楽しみだ。

2018年 ベストソング

先日のベストアルバムに思いのほか反響があり嬉しく思っている。二十歳になった今でも「自分らしさって…?」と迷走している自分だが、「らしい選曲だね」と言ってくれる人が数人いて、なんだか安心した。

2018年も残すところあと3日。今年も色々な方のおかげで沢山の音楽に出会え、色々な音楽のおかげで沢山の方に出会うことができた。恵まれた環境に感謝。

Apple Musicのおかげもあり、今年も膨大な数の曲を聴いてきた。可能性が広がる一方で、「音楽のインスタント化」だなんてことも言われていて、それはいいことなのか悪いことなのか分からない。できるだけ1曲1曲との出会いを大切にしていけたら嬉しいと思う。

前回の記事に引き続き、今回は個人的ベストソングを50曲選んでみた。順番には正直言って今も確信を持てないし、本当は100曲以上載せたいけれど、誰も得しないのでこれくらいが丁度いいと思う。ベストアルバムと重複する部分もあるが、前回同様広い心で見ていただければ幸いだ。

 
50. 加藤ミリヤ「Through your eyes」

49. MONDO GROSSO「偽りのシンパシー ft.アイナ・ジ・エンド(BiSH)」

48. SHAUN「Way Back Home」

47. 中小企業「Mirage feat. 東郷清丸」

46. 米津玄師「Lemon」

45. D.A.N.「Chance」

44. Anderson.Paak「Tints (feat. Kendrick Lamar)」

43. ROTH BART BARON「HEX」

42. MNEK「Tongue」

41. JHart「Why Does It Hurt」

40. KIRINJI「時間がない」

39. Samm Henshaw「How Does It Feel?」

38. Alessia Cara「Growing Pains」

37. Ava Max「Sweet but Psycho」

36. MØ & Diplo「Sun in Our Eyes」

35. Thomston「The Heights」

34. きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」

33. Charli XCX「No Angel」

32. Your Smith「Bad Habit」

31. Christine and the Queen「Girlfriend (feat. Dâm-Funk)」

30. Sophie「Immaterial」

29. 原田知世「銀河絵日記」

28. Ben Khan「the green」

27. Lykke Li「sex money feelings die」

26. XYLØ「Don't Panic」

25. Rozzi「Uphill Battle」

24. Amy Shark「I Said Hi」

23. Hatchie「Sure」

22. Rina Sawayama「Cherry」

21. Kent Funayama「グッドバイ」

20. Robyn「Missing U」

19. Kim Petras「Heart to Break」

18. 南瓜妮歌迷俱樂部「山坡上的薩滿」

17. 宇多田ヒカル「夕凪」

16. 七尾旅人「Leaving heaven」

15. 星野源「アイデア

14. Troye Sivan「My My My!」

13. Bebe Rexha「Ferrari

12. Tempalay「どうしよう」

11. おとぎ話「綺麗」

10. 小沢健二アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)」

9. Shawn Mendes「In My Blood」

8. 阿部芙蓉美「Heart of Gold」

7. 小袋成彬「門出」

6. 踊ってばかりの国「Boy」

5. 1010 Benja SL「Wind Up Space」

4. Maggie Rogers「Light On」

3. 中村佳穂「そのいのち」

2. butaji「秘匿」

1. 森山直太朗「糧」

 

番外編. 倉木麻衣「今宵は夢を見させて」

20周年イヤーも盛り上がっていきます。

 

ベストアルバムと同様に、Apple Musicのプレイリストも作成しました。上位にいるはずなのに、完全に入れ忘れていた2曲もプレイリストにのみ入れてみました。大掃除のBGMにも。

2018年 ベストアルバム

2018年も気づけば終わろうとしている。ハロウィンが終われば街はクリスマスの様相で、私たちを年末へと駆り立てる。12月ともなれば年末の歌番組や、ビルボードの年間チャートまで発表されてしまい、心のざわざわは止まらない。先日、大学に推薦入試の合格者が貼られていたのを目にして、もうあの時から2年が経ってしまったのかと衝撃を受けた。2年前は色々なことがあった。今では恥ずかしいと思うことばかりだけれど、生きるというのは羞恥心の更新作業なので仕方ない。

今年も音楽に囲まれて1年を過ごした。2月初頭には、昨年のベストアルバムとして選んだThe xxのライブを観ることができた。4月には以前から応援していた小袋成彬が衝撃的なデビューを果たし、翌月には渋谷で初ワンマンを観た。6月のKeishi Tanakaと向井太一の2マンは泣きたくなるほど楽しかったし、8月には最愛のTroye Sivanの2ndがリリースされた。11月、12月は濃密すぎてどうにかなってしまいそうなほどだった。9年ぶりの倉木麻衣のコンサートに、初めて観る宇多田ヒカル、中村佳穂の新作に、ずっと待ち続けていた阿部芙蓉美のリリース。最後は1年半ぶりに観るDYGLのライブで締めくくった。来年は倉木麻衣20周年にTroye Sivan来日ライブと目白押しなので今から待ち切れない気持ちだ。

2018年を締めくくるにあたって、今年のアルバム20枚を選んでみた。独断と偏見によるものなので、広い心で見てほしい。

 

20. Ella Mai『Ella Mai』

f:id:the-life-of-watashi:20181213002525p:plain

19. カネコアヤノ『祝祭』

ãã«ãã³ã¢ã¤ããç¥ç¥­ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

18. 思い出野郎Aチーム『楽しく暮らそう』

ãæãåºééAãã¼ã ã楽ããæ®ããããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

17. Bluems『恋について』

f:id:the-life-of-watashi:20181222234604p:plain

16. おとぎ話『眺め』

f:id:the-life-of-watashi:20181213002457p:plain

15. Sunni Colón『Satin Psicodelic』

f:id:the-life-of-watashi:20181213001534p:plain

14. Years & Years『Palo Santo』 

f:id:the-life-of-watashi:20181213002219p:plain

13. Tempalay『なんて素晴らしき世界』

f:id:the-life-of-watashi:20181213001951p:plain

12. The Songbards『Cages in the Room』

f:id:the-life-of-watashi:20181213002019p:plain

11. Mitski『Be the Cowboy』

f:id:the-life-of-watashi:20181213001416p:plain

10. Robyn『Honey

f:id:the-life-of-watashi:20181213001842p:plain

9. Lykke Li『so sad so sexy』

f:id:the-life-of-watashi:20181222223043p:plain

8. 折坂悠太『平成』

f:id:the-life-of-watashi:20181213002335p:plain

7. 宇多田ヒカル『初恋』

f:id:the-life-of-watashi:20181213001750p:plain

6. 七緒旅人『Stray Dogs』

f:id:the-life-of-watashi:20181213002106p:plain

5. butaji『告白』

f:id:the-life-of-watashi:20181213001450p:plain

 

4. Troye Sivan『Bloom』

f:id:the-life-of-watashi:20181213001044p:plain

3. Ben Khan『Ben Khan』

f:id:the-life-of-watashi:20181212002659j:plain

2. 中村佳穂『AINOU』

f:id:the-life-of-watashi:20181212002613j:plain

1. 小袋成彬『分離派の夏』

f:id:the-life-of-watashi:20181117225041p:plain

 

番外編: 倉木麻衣『君 想ふ ~春夏秋冬~』

ãåæ¨éº»è¡£ åæ³ãµ æ¥å¤ç§å¬ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

愛こそすべて。

 

butaji「秘匿」

ここ数ヶ月、butajiの「秘匿」という曲を繰り返し聴いている。

告白

告白

 

butaji(ぶたじ)は東京を中心に活動する藤原幹によるソロプロジェクト。なぜ彼のことを知ったのか全く覚えていないが、恐らくTwitterのタイムライン上か何かであろう。SNS万歳。

この楽曲が収録されたアルバム『告白』はリリース当初からよく聴いていたが、先日漸く彼のインタビューを読み、「秘匿」が一橋大学ロースクールでのアウティング事件に影響されて書かれたものだと知った。

それ以来、何度聴いても十分な冷静をもってこの曲を聴くことができない。よい音楽が必ずしも感情を動かすものである必要はないけれど、この曲はその両方を兼ね備えている。シンプルな音とともに、悲しみと怒り、混乱が聴き手に押し寄せる。

社会から拒絶されることを知っていながらも、湧き出る気持ちは止められない。その感情を押し付け、時に眠りすら損ないながらも、自分を潰してゆく。それはどこまでも果てしなく、辛い作業だ。

その過程の中で、butajiは自らの思いを

馬鹿らしい

真面目に取り合えない

とすら形容してしまう。この二行に込められた失望と諦念は、私たちの想像を遥かに超えるものなのだろう。中村 中の「友達の詩」が祈りの歌ならば、butajiの「秘匿」は絶望の歌なのかもしれない。

この国は未だにホモセクシュアルに対しての理解を大きく欠いている。極端なコメディか極端なメロドラマのどちらかに昇華することで、何とか存在を容認されているような気がしている。ローマ法王の言っていた「LGBTは一過性のブーム」という言葉も、あながち間違いではないのかもしれない。

今までApple Musicでずっと聴いていたこのアルバムだったが、先日友人から2か月越しの誕生日プレゼントということでCDを買ってもらった。大切にする。

思い出

9月に書いた記事を漸く投稿する。今年のものは今年のうちに消化。

 

数か月前、友人から唐突に私の幼少期の写真が送られてきた。保育園に通っていた頃からかなりブランクがあったものの、彼女とは実に17年の仲である。私が中学1年生のころに転校してからはお互い「SNSにいる人」に落ち着いていたが、昨年の春にInstagramを通じてなぜだか再会した。人生面白いこともあるのだなあと思い、度々話のネタにしている。

f:id:the-life-of-watashi:20180929234242j:plain

これは保育園の年長組、あおぐみ時代の写真だ。恐らく卒園式か何かだろう。この無愛想な表情が我ながら少し可愛くて、ついプロフィール画像にしてしまった。

その保育園は、園長の旦那さんがお寺の住職で、保育園もその境内にある、少し変わった園だった。敷地内には森もあって、夏休みには父親とカブトムシを捕まえに行った。記憶はもう、とても断片的なものになってしまっている。お釈迦さまの頭からみんなで甘茶をかけて飲んだこと。それがとても美味しかったこと。同級生の女の子の歯が一本だけ黄色かったこと。苗字も名前も2文字ずつの、リズミカルな名前の子がいたこと。駐車場の近くの檻に犬が入れられていたこと。お泊り保育というイベントで、張りぼてのニモが屋上から登場したこと。鉄棒でコウモリができたこと。

先日、今年の春までアルバイトをしていたCDショップの先輩が実は同じ保育園に通っていたこと、そして実習で今は先生として通っていることを知り、自分とこの園は切っても切れない関係なのだなあ、とつくづく思わされた。私の基盤は、良い面も悪い面もこの園によって成り立っている。

昔のことを思い出すたびに、室内で絵ばかり描いていて、時々砂遊びをして、親離れできずピアノの下で泣いていた彼に、もう少し胸を張れる大人にならないとなあ、と思う。