ザ・ライフ・オブ・ワタシ

平凡の中の華やかを

GW辺りのこと

 先日、平成が終わった。5月1日は風呂のなかで迎えてしまった。

 昨年に平成天皇生前退位の意思を表明してから「平成最後」という言葉をどこかしこで聞くようになった。耳が痛くなるほど。天邪鬼な性格ゆえどこか冷めた目で見ていたが、平成の終わりが迫るにつれて落ち着かない気持ちになっていた。今まで自分が住んできた家が奪われてしまうような、不思議な気持ち。結局のところ、いざ平成が終わってしまうと、何も変わらないように思える。長いゴールデンウィークは変わらず続いていて、私は今日も自信がなくて。

 映画『ブロークバック・マウンテン』を見た。人生の一瞬の煌めきは、私たちの一生を良くも悪くも変えてしまう。誰にだって一生引きずってしまうようなことはあって、それは確かに過去の出来事ではあるけれど、あくまで現在進行形だ。何となく、中学時代に現在完了形を学んだときの、あの時間軸の図を思い浮かべる。過去の点から矢印がずーっと伸びている。

 ゴールデンウィークはアルバイトにライブに充実した10日間になった。観光案内所でアルバイトをしているのだが、ホテルや航空券の価格が急騰している影響で外国人観光客が減り、国内観光客の数が倍増した。普段よりも忙しくはあったが、アルバイト自体嫌いではないので、いつもより大変な状況を少し楽しみながら過ごせたと思う。案内所がテナントとして入っている施設の休憩所は、何だかいつもより殺伐としていた。

 10日間の連休中に3度もライブに行った。まずは3泊4日で大阪に行った際にKeishi Tanakaのライブを見た。

https://pbs.twimg.com/media/D5XW3OwV4AAFro1.jpg

 彼は楽曲のよさや歌唱力の高さも勿論なのだけど、riddim saunter時代から多くライブをこなしていることもあり、ステージ上での存在感が別格だ。人柄のよさもパフォーマンスや歌詞、そしてツアーメンバーとのやり取りに現れていて、否応なく惹かれてしまう。

https://pbs.twimg.com/media/D5eYMEAUwAAxYAc.jpg

 そして小学生の頃から大好きな倉木麻衣のシンフォニックコンサートも、兵庫県で観ることができた。「尊い」という言葉があるが、自分にとってはまさに彼女がその対象だ。ステージ上に現れるだけで涙が止まらなくなるほどで、こういう存在が在ることに感謝している。初めてのシンフォニックコンサートだったのだが、今まで親しんできた楽曲が新しく生まれ変わっていて、新鮮な気持ちで観ることができた。そして、やっぱりMai-K*1は可愛い。

https://pbs.twimg.com/media/D5pfG5VU0AIW4kn.jpg

 大阪から帰った翌日、次は岡崎市に移動して、リゾームライブラリー2019に行った。自分でも驚くような体力。このフェスは一昨年から継続して訪れている。ラインナップが毎回素晴らしいし、図書館のホールとスタジオでフェスをするという企画自体が興味深い。屋外には出店もあって、今回は友人とカレーを食べた。アサリとチキンのスリランカカレーというのがとても美味しかった。

f:id:the-life-of-watashi:20190509174232j:plain

 ゴールデンウィークが明けてすぐ、ゼミの課題になっていた映画『シュレック2』を鑑賞した。ディズニー映画に対して何となく苦手意識を持っていたこともあり、ゼミ前日に焦って見ることになってしまった。観る前は「時間の無駄」くらいに思っていたのに、結局予想を遥かに超える面白い作品だった。ちょうど「カルチャー顔」論争が巻き起こっていたので、『シュレック』の持つルッキズム批判の精神がやけに響いた気がする。吹替版が字幕版の半額だったので、ダウンタウン浜田雅功藤原紀香による吹替版を観たのだが、思いのほかシュレックのキャラクターと関西弁の親和性が高くて、ゲラゲラ笑いながら観た。これからは食わず嫌いはせずに色々観たり聴いたりしたいなと思う。何事も思い込みはよくありませんね。

シュレック2 (吹替版)

シュレック2 (吹替版)

 

*1:倉木麻衣の愛称。

先週のこと(4月1日~4月7日)

 先週はなんだかアルバイトばかりしていた。一ヶ月丸ごと春休みだった3月よりも、4月の方がアルバイト収入がよっぽど多い。忙しさに緩急が付きすぎているので、今から少し不安だ。

 月曜日は昼から夜までアルバイトだった。昼休憩の時間、通学定期の更新のために駅のサービスセンターに向かったら、長蛇の列ができていた。愕然としていたら、駅員さんに「現金支払いなら駅長室でもできる」と言われ、ラッキー!と思いながら向かったら同じくらいの列ができていた。してやられた。結局、形態の電波も届かない地下で江國香織の『号泣する準備はできていた』を読みながら待つこと50分、何とか定期更新を終えることができた。残り時間10分でマクドナルドをかき込もうと決めたが、結局半分ほどテイクアウト用の袋に入れてアルバイト先に戻った。すると職員さんが「こっちは大丈夫だから食べ終わるまで裏にいていいよ」と言ってくれるではないか。なんて恵まれた環境。感謝。

 同じ日から始まった朝の連続テレビ小説なつぞら』を見ている。中でも夕見子ちゃんの役柄が人間らしくて好きだ。一筋縄ではいかぬ子どもの気持ち。

f:id:the-life-of-watashi:20190408213452j:plain

 翌日には友人と定例会。2か月に一度くらいのペースで集まっては、何をするでもなくマクドナルドでお昼を食べたりショッピングしたりしている。今回は彼が就職してから初めて会うことになったので何となく楽しみにしていたのだが、特に何も変わらなかった。それはそれでいいこと。だし、お互い気づかない程度に変化し続けているのだと思う。

 水曜日は大学の在校生ガイダンスで約2か月ぶりにキャンパスに足を踏み入れた。結局行ってしまえばなんてこともなく、同じクラスの友人らとケラケラ笑っていたらガイダンスは終わってしまい、「行く意味なかったね」なんて言いながら帰途についた。帰り道、乗換をするタイミングで駅前の桜が綺麗だったので友人と写真を撮った。

f:id:the-life-of-watashi:20190408214751j:plain

 先週は2週間ぶりに塾講師のアルバイトも始まった。昨年度教えていた中学3年生たちは殆どの子が第一志望の高校に合格し、無事に高校生になることができた。たった2週間ぶりに会った新2年生たちは、ほんの少しの間に肩書だけが変わっていて面白おかしかったけれど、それは自分も同じだった。

 早いもので、大学生ももうすぐ折り返し地点を迎えてしまう。色々あって実は大学に5年間通う予定なのだが、残り3年もあっという間に過ぎていくのだと思う。

f:id:the-life-of-watashi:20190408220039j:plain

 いつも拝見しているミワさんのブログが本になったそうなので、購入した。これを片手に明日からの大学生活も何とか乗り切っていきたい。

先週のこと(3月25日~3月31日)

 先週はパスポートの受取から始まった。昼前に起きて、受取開始日から暫く経っていることに急に気づき、旅券センターへ向かうことにした。申請のときは2時間以上待たされたので、今回はアルバイトもあったので3時間半の余裕をもって向かったら5分で終わって面食らってしまった。

 家まで帰ってまたバイト先まで出ていくのも癪なので、3月末に閉館する中日ビルの写真展に訪れた。

f:id:the-life-of-watashi:20190405133119j:plain

 自分の母親が生まれる前から名古屋に構える大きなビルが閉館してしまうことは、何だか一つの時代が終わってしまうようで悲しくもあり、また、次の時代が楽しみでもある。

 先週は映画やドラマを沢山観た週でもあった。Amazon Primeビデオで『灼熱の魂』と『ファーゴ』を観た。後者は黒沼英之が好きな映画監督として挙げていたコーエン兄弟の代表作だが、皮肉に溢れていてなかなか面白かった。

 ドラマで言うと、半年間欠かさず見続けていた連続テレビ小説まんぷく』が遂に終了した。

f:id:the-life-of-watashi:20190326184057j:plain

 最終話はなんだか呆気ない感じもしたが、半年間毎日楽しませてくれてありがたい。安藤サクラが主演ということで、初めて朝ドラを見たが、次の『なつぞら』もしっかり見てしまっている。金曜日に放送していた特別ドラマ『週休4日でお願いします』は少年漫画版・少女漫画といった感じで、心がときめいた。ヒロインの柴田聡子らしい魅力が最高。

f:id:the-life-of-watashi:20190401222308p:plain

 金曜日は巷ではNew Music Fridayと言って、世界的な音楽のリリース日(日本は水曜日)なのだが、先週は2019年の最注目株、Billie Eilishのデビューアルバムがリリースされた。たった17歳の女の子が全く新しいサウンドで世界を狂気の渦に巻き込んでしまうのだからすごいなと思う。自分もまさに熱狂しているうちの一人なのだけど。

 また、同じ日には1週間前「FLOWER」というアプリで注文した切り花が家に届いた。オニマガさんのブログで読んでから気になっていたのだが、先日の鳥取旅行で因州・中井窯の一輪挿しを購入したので頼んでみた。小学生の頃にサボテンを枯らしてからは植物に手を出していなかったのだが、お付き合いしている人が植物好きなのもあり、また興味が湧いてきたのだった。知識はないので、自分が何を育てているのかいまいち分からないが、毎日水を変えて、時々茎を切って、1日1時間ほど外に出して、などとやっていると愛着が芽生え始め、とりあえず可愛く思い始めた。

f:id:the-life-of-watashi:20190406140939j:plain

 土曜日には高校時代からの友人と京都へ行った。春休みにした他の旅行とは違い、「無計画」をテーマにしていたので、いつもとはまた違った雰囲気で楽しめた。京都は名古屋からのアクセスの良さもあり何かと訪れることが多く、今まで10回以上は行っていると思うのだけれど、毎回違った顔を見せてくれて楽しい。今回は生憎の雨だったが、初めて平安神宮に行くことができて大満足だ。

f:id:the-life-of-watashi:20190406140348j:plain

 京都に行くたびに行っている気がするSONGBIRD COFFEEも。

f:id:the-life-of-watashi:20190406140440j:plain

 最近になって、Keishi Tanakaがここでライブをやったということを知り驚いた。一つ一つがこだわりに溢れた素敵な空間。

  日曜日は昼から夜までアルバイトをした。アルバイト先が出しているフリーペーパーの内容が4月から改変されたのだが、そのことに腹を立てて脅迫まがいの電話を本部にかけてきた人がいるらしい。無料でもらっているものに対してケチをつけるのもいかがなものと思うが、その上脅迫とは自分には考え付かないなあと思う。世界には色々な人がいるが、こういう人にはなりたくないな、と思った。

三島・沼津旅行

 先月、高校時代からの友人と静岡県三島市沼津市へ一泊二日の旅行に出かけた。

 彼女とは高校時代よりも今のほうが仲良くしているような気がする。高校卒業から現在まで付き合いが続いている友人は何人かいるが、当時行動を共にしていた人に会わなくなったり、逆にそこまで関わりの深くなかった人と今でも遊んでいたり、縁というのはつくづく不思議なものだ。

 そもそも三島方面へは、環ROYの「ゆめのあと」のMVがきっかけで高校時代からずっと行きたいと思っていた。ロケ地となっているクレマチスの丘という場所の雰囲気にすっかり魅了されてしまっていたのだった。

 三島までは青春18きっぷで行くことにした。名古屋から三島までは大体4時間。出発前からサイゼリヤで作戦会議を立てるなどして、とにかく計画を練りに練ったこともあり、とても充実した旅行になった。

 三島駅へ着いたら、まずはホテルで荷物を下ろして、10-1 Kettleへ。余りに混んでいて、私たちの胃が待てないと判断したため、諦めてそのあたりのイタリア料理店に入った。

f:id:the-life-of-watashi:20190403232252j:plain

次こそは行きたい。

 ランチ後はクレマチスの丘に行くまでに少し時間があったので、駅周辺を散策。Wednesday Coffeeというコーヒースタンドでアイスラテを飲んだ。商品は勿論のこと、外装・内装までオーナーのこだわりが溢れる空間だった。コーヒーに関しては全く知識がないが、美味しかった。あまりの玄人感に恐々としてしまった。多分友人も怯えていた。

f:id:the-life-of-watashi:20190404120005j:plain

 三島駅へ戻ると、早速今回の旅行の目玉であるクレマチスの丘までのシャトルバスに乗った。バスには私たち二人以外誰も乗っていなくて、少し不安だった。

 バスに揺られること25分程度、郊外に突然現れる空間。閑散期ということもあり、客は少なめなようだった。クレマチスの丘は、幾つかの美術館やレストランなどが入った複合施設。その中でも施設の玄関口となっているヴァンジ彫刻美術館の入場券を購入して敷地内に入ると、早速「ゆめのあと」のMVにも登場したモニュメントが。

f:id:the-life-of-watashi:20190405112558j:plain

 泣いているのか笑っているのか分からない表情。友人と真似をして写真を取ったら自分だけくしゃみをしている人のようになって悲しかった。

f:id:the-life-of-watashi:20190405112836j:plain

 Instagramで「クレマチスの丘」と検索すると必ず出てくる壁をよじ登る男。安堵とも不安ともとれる表情。何かを示唆する厚い壁。風雨にさらされているのが目に見えて分かるのもよい。

f:id:the-life-of-watashi:20190405115334j:plain

 ヴァンジ彫刻美術館の外観。意外と狭いのかと思いきや、狭いのは地上階だけで地下はそれなりの広さだった。

f:id:the-life-of-watashi:20190405115449j:plain

 中では常設展に加え、黒田泰蔵という陶芸家の企画展が開催されていた。人の手で作るからこその歪みと曲線美。

f:id:the-life-of-watashi:20190405115651j:plain

 美術館から歩いて数分のところには駿河平自然公園という公園もあり、人生初めての吊り橋も体験できた。今の季節は桜がきれいだそうだが、雨の日の夕方に行ったのでどちらかというと陰鬱な印象だった。

 この日は美術館から駅に帰ると、駅前の寿司屋で食事をし、早めの就寝とした。

 

 翌日は三島駅から一駅移動し、沼津駅へ。沼津はアニメ「ラブライブ!」の舞台としても有名らしく、土産屋は勿論のこと、駅からタクシーからラブライブ!だらけだった。平日にもかかわらずラブライバーらしき人たちも結構いて、聖地化大成功だ。自分も観光に関するアルバイトをしているので、こういうのを見せつけられると感動した。

f:id:the-life-of-watashi:20190405120211j:plain

 ランチには「しば田や」でウニいくら丼。店構えはなんだか入りづらい感じもしたが、店主の方も優しくて安心。好物しか入っていなかったので一瞬で完食した。うまい。

f:id:the-life-of-watashi:20190405120423j:plain

 ランチを楽しんだ後は、これまた数年前から気になっていた沼津港深海水族館へ。シーラカンスの剥製やメンダコなど、不思議で可愛い生き物たちを見ることができて満足。今回の旅行で訪れた中では一番混雑していたのではないか、というほどの大盛況ぶりだった。

f:id:the-life-of-watashi:20190405120736j:plain

 お付き合いしている人の家に置いてあるシーラカンスのぬいぐるみもあった。一つだけポツンとある分にはかわいいが、こんなに沢山積まれていると少し怖い。

f:id:the-life-of-watashi:20190405120836j:plain

 水族館を出ると、程近くにあるプリン屋さんで休憩。

f:id:the-life-of-watashi:20190405121214j:plain

 沼津駅から三島駅周辺に戻り、再び散策。源兵衛川という川を散歩した後は、「三島と言えば!」ということで三嶋大社へ。向かう途中に3月11日午後2時46分を迎えたので、横断歩道で待っている間に少しだけ黙祷をした。三島市長らしき人が市内放送で黙祷を呼び掛けていたのを聞いて驚いた。名古屋に暮らしているとテレビくらいでしか思い出せない、思い出すべきこと。

f:id:the-life-of-watashi:20190405121404j:plain

 お賽銭を入れ、お祈りするとき友人は何も考えないらしい。私は私利私欲のためにお祈りしまくるので、なんだか心の豊かさの差を知らしめられた気がした。

f:id:the-life-of-watashi:20190405121713j:plain

 早めの夜ご飯に、ラーメンやんぐで食事をした。オーナーの方とも少し話すことができたが、なんだか緊張してしまった。記念にラーメンやんぐのキーホルダーを買った。嬉しいのでリュックに付けて毎日歩いている。

 

 ラーメンを食べ終えると三島駅まで歩いて戻る。駅前の土産屋で大好きな「こっこ」を購入し、4時間の帰途へ。予定より少し早めに駅に着いたので、一本前の電車に乗った。途中、人身事故でJRが1時間遅延してしまったが、早い電車に乗っていたので何とか終電に乗り換えることができた。不幸中の幸い。

 今回の春休みではこの旅行を皮切りに3回も国内旅行をした。普段の生活から離れてリフレッシュすることができるこの時間が大好きだ。

まちぼうけ

2月24日、あるニュースが飛び込んできた。

「黒沼英之」の4文字をこういった媒体で見るのは本当に久々だ。

昨年の小袋成彬のデビューに続き、色々な感情で頭が混乱してしまった。彼の場合は活動の拡大ということだったが、黒沼英之に関しては2014年9月から凡そ4年半ぶりのニュースだったので喜びも一入だ。


声は違えど、少し不器用で複雑で、暖かい歌詞は黒沼くんそのものだ。しかもアレンジは数々の黒沼作品を手掛けてきた湯浅篤。

 

中学生のころから、黒沼くんの音楽にどれだけ救われてきたことだろう。「パラダイス」のCDを買うと応募できたライブは、受験生ということもあり、遂には行けなかった。当選はがきだけが今も大切に保管されている。

彼が活動休止してしまってから、そのライブに行かなかったことは大きな大きな後悔になってしまった。彼が不在の間にも、過去のインタビュー記事を読んで、彼の好きなよしもとばなな川上未映子の本を読み漁った。彼の楽曲の世界観の根源を垣間見る気持ちで。

 

2月27日、「baby i love you」がリリースされた。黒沼くんの書く歌詞はやっぱりいつも優しい。愛に溢れているのに、どこか自信なさげなところが人間らしくていい。今日は彼のCDを引っ張り出して聴こう。

Twitterではちらほらとキクチリョウタにも楽曲提供したという噂も。黒沼くんが活動を再開したということが何よりも嬉しい。すぐにまた歌ってほしいとは言わないから、いつかまた、黒沼くんの歌声が聴けたらそれほど素敵なことはない。

最近のこと

春休みも2週目に入り、今まで余所にしてきたことを一つずつ消化できている。年末年始にサボってしまった大掃除もやっとこさ完了したし、資格の取得や就活に向けた勉強も少しずつながら進んでいる。

先週は色々な場所に行った。朝から友人と映画『ジュリアン』を観に名演小劇場へ。幼馴染と新しく-オープンした飲茶の店へ。クラスメイトと高島屋のバレンタイン催事にも行った。その数日前に立春を迎え、急に気候も暖かくなり始めたので急いで春服を購入したのに、翌日からは凍えるような寒さだった。春用コートの出番はもう少し先らしい。

f:id:the-life-of-watashi:20190213164238j:plain

初めての名演小劇場はなんだか玄人っぽくて緊張した。

今日は重い腰を上げて、先延ばしにしてきたパスポートの更新に行こうと思っていたが、眼が覚めたら11時だったのでやめた。昨日夜更かししてしまったせいもあると思うが、いつも使っている目覚ましアプリがエラー表示になっていたので、10対0でアプリが悪いことにした。

水曜日は邦楽のリリースがあるので、つい夜更かししてしまう。Apple Musicでは水曜日の午前0時から新譜が聴けるようになるので、毎週そこから何かしらを聴き始める。昨日はあいみょんの『瞬間的シックスセンス』を聴いた。冒頭に書いた幼馴染が彼女の古くからのファンで、2年ほど前に一緒にリリースイベントに行ったことを思い出す。地元のCDストアで歌っている た彼女があっという間に国民的アーティストにまで上り詰めていて、不思議な感じだ。

 


「どうせ死ぬなら」、大好きです。

 

今期のドラマはお気に入りが多く、数本を録画して観ている。安藤サクラが主演ということで10月から見続けている連続テレビ小説まんぷく』はそろそろ物語の華僑を迎えようとしている。ドハマりしてしまって、大阪府池田市にある安藤百福発明記念館に行ったり、NHK大阪で行われたBKワンダーランドに顔を出したりした。家では祖母と夢中になって毎日観ているが、時たま私が見る前に祖母にネタバレされるのが悔しい。他にも菅田将暉主演の『3年A組 -今から皆さんは、人質です-』や、坂口健太郎主演の『イノセンス 冤罪弁護士』も毎週楽しみにしている。3作品とも主演は勿論のこと、脇役も絶妙なキャスティングで好きだ。『イノセンス』第4話のともさかりえ入山法子の先輩後輩タッグ、最高だ。

f:id:the-life-of-watashi:20190213172509p:plain

来世で女性として生まれたら、入山法子のような人になりたい。

まんぷく』と同じくらい夢中になっているのが『メゾン・ド・ポリス』だ。キャスト陣に特に好きな俳優がいる訳ではないが、とにかく話が面白くて、毎週笑って泣かされている。これまた特に好きなバンドという訳でもないが、エンディングで流れるWANIMAの「アゲイン」まで完璧だ。濱田岳主演の『フルーツ宅配便』も録画しているが、説明欄にある「デリヘル」という文字の踊りにビビってしまい、どうしても再生できずにいる。果物を運ぶものとばかり思っていた。

また、毎月200円を支払っている割に今ひとつ活用できていないAmazon Primeビデオもこの機会に沢山観たいと思っている。今のところ『ルーム』しか観れていないが、いい意味で予想を裏切られるストーリー展開で良かった。『ワンダー 君は太陽』で泣かされたジェイコブ・トレンブレイ君にまた泣かされてしまった。映画を一作観るとかなり没入してしまうタイプゆえ連続して映画を観ることが苦手なので、そもそも映画のサブスクリプションサービスというものは向いていないのかもしれない。

無料で観れるものが沢山あるのに、週末セールに乗せられて『犬ヶ島』と『レディ・バード』を100円でレンタルしてしまった。『クィア・アイ』も気になる存在なので、Netflixにも再登録してしまおうかと目論んでいる。長期休みの度に登録しては大学が始まるとともに解約しているが、月額に見合う量の映画を観ることができた覚えは一度もない。月額に見合う質の体験はできていると思うので構わない。

 

大掃除を機に、不要な本やCDをメルカリに出品している。これが結構売れて、春休みに入ってからで6,000円ほどになった。ここまで来れば立派な小金稼ぎ、というかちょっとした副収入だ。ただ、数日ペースで何度も郵便局に行き「メルカリの発送をお願いします」と言うのがとても恥ずかしい。小さな町の郵便局なので「またメルカリ男が来た」などと思われそうで、友人と遊ぶときやアルバイトに行くときなどに早めの電車に乗り、街の郵便局から発送している。しかし、今日はパスポート更新で名古屋駅に行く予定が"アプリのせいで"潰れてしまったので、連日で地元の郵便局に行くことを余儀なくされてしまった。わざわざ歩いて遠くの郵便局に行くことも考えたが、面倒なのでやめた。かなり二の足を踏んでいたので出発するのが夕方になってしまったが、昨日の局員の方はお休みだったようで一安心だった。「メルカリ男」、回避。

6,000円を得るのはいいが、つい昨日、パスポートの更新に16,000円もかかると知り辟易している。やっと更新に行こうと決め込んだ矢先にこういうことを突き付けられると尻込みしてしまう。アプリもそんな私の気持ちを汲み取ってエラーを起こしたのかもしれない。

 

春休みも2週目に入り、と書いたがあれよあれよと3週目が手招きしている。未だに書類に「2018年」と記入してしまうのだが、世界の進むスピードはとんでもなく速い。嫌だと思いつつも、3月は1か月の3分の1程度を旅行先で過ごす予定なので複雑な気持ちだ。明後日からは毎月お決まりの大阪だ。今回は春休みということもあり、金土日月と時間をとってゆっくりしようと思っている。京都まで足を延ばし、塾の生徒のために北野天満宮で御守りを買ったり、倉木麻衣の新曲の歌詞に登場する清水寺に行ったりしようと思っている。オタクよ、オタクであれ。

と思って書いていたら、塾の生徒が推薦で第一志望校に合格したとの報せ。御守りの出る幕なし。おめでたいので、お祝いにお菓子でも買ってこようと思う。

忙しい人

自分で言うのもなんだが、私は忙しい。

だったらこんなブログを書いている暇もないだろうという言葉も聞こえてきそうだし、ど正論なのだけど、まあどちらかといえば忙しい方だと思っている。

言い訳がましい(というか言い訳だ)が、自宅から大学まで片道1時間半かかり、アルバイトも結構な頻度でしている。なんだか気付けば、タイムマネジメントどころか時間に支配された生き方をしていた。時間は減り、貯金だけが貯まっていく。とはいえ貯金も大学生のするレベルなので、なんだか張り合いがない気もしてしまう。文明の利器、時間、こんちくしょう。

そんなこんなで、大学に入学してからの2年間は怒涛の流れで過ぎていった。「忙しい、忙しい」とあたふた慌てている、側から見たら滑稽で目障りな人になっていたに違いない。

だが大学2年生も呆気なく終わり、春休み。予定を間違え、観光案内所のシフトを極端に少なく提出してしまったことで、2月は時間に大きな余裕が生まれたのであった。

塾講師のアルバイトはあれど、1日1時間半であるし、とにかく暇な日が多い。1年前の自分が見たらびっくりの手帳の白さ。美しさ。

春休み前半戦、暇な時間をどう使おうか今から楽しみで仕方ない。収入は少ないが、ずっとアルバイトで貯めてきた貯金がどしんと構えている。強いぞ、私。

英語の勉強、公務員試験の勉強、MOSの勉強、ずっとしたかった中国語と日本史の勉強、と勉強ばかり頭に浮かんでしまうあたり、「忙しくなければならない」というもはや強迫観念に近いものを感じるが、その他にもAmazon Primeで映画を観たり、積ん読状態の村上春樹を読んだり、大掃除もしたい。3月は鳥取と三島に行くと決めているので、その計画をゆっくり立てるのもいい。新潟も行きたいな〜。

そんな妄想が捗って仕方ない春休み直前、今から楽しみだ。金曜まで、テスト勉強を頑張る。